<< 平成もあと2週間 | Main | インビザライン矯正 >>

昨日は定期的に行われているスタディーグループでの学術大会でした。

大阪にある伊藤歯科医院の伊藤雄策先生による教育講演で、「長期経過症例から考えるインプラント治療」と題名で

臨床の症例を元にインプラント治療の捉え方の話をされました。

近年高齢化が進み、インプラントされている方自身も高齢化していった時に、自分自身の口腔内環境をどの程度維持していけるのか、

また、介護が必要になっていった時に、介助する側がどのくらい口腔内環境を管理出来るのか、現実態の課題も含めながらの内容で、考えさせられる部分が多く、これからの臨床に活かせていければいいなと感じました。

 

| - | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 09:08 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








TRACKBACK URL
http://matsuurakarat.jugem.jp/trackback/1955
TRACKBACK