<< 歯と口の健康週間 | Main | 歯周病の危険性 >>

みなさん歯科医院についてどのような印象をお持ちでしょうか☺

 

ほとんどの方は歯になんらかの症状が出て受診され、そのままある程度の期間通院されると思います。

私たち歯科従事者からすると、その治療が終わった後が重要になってくるのを今回お伝えしていきます。

 

日本ではまだまだ浸透していないのかもしれませんが、歯科医療先進国では、「治療」を目的とした通院ではなく、

「予防」を目的とした定期健診(=メンテナンス)を受ける方のほうが多いのです。

治療が終わって終わり!と思われると思いがちですが、虫歯や歯周病は再発しやすいものです。

せっかく治療をしても、その後のブラッシングケアをおろそかにしたり、食生活や習慣を意識して頂かないと、

歯の健康寿命自体を縮めることにつながります。

 

「予防」を目的としたメンテナンスとは、歯が痛い、しみる等の症状が出る前に定期健診を受け、口腔内の状態を把握、検査を行い、

歯のクリーニングをすることです。

私たちの病院では、保険3割負担の方で3000円程度でメンテナンスを実施しています。

初めて来院された方、中断してしまった方、しばらく歯科医院に行ってない方、まずは口腔内を視診し、レントゲンや

口腔内写真の基礎資料の収集、歯石除去を行い、成人されている方に関しては、歯周病予防の治療が全て終わった段階で、

メンテナンスに移行します。

もちろん、痛みや症状がある方は初期治療から行いますが、一連の流れに関しては同様に行います。

 

定期的なメンテナンスを行うことで、問題の早期発見・早期治療が可能、悪化する前に治療が開始できる、

通院回数が比較的短く済む、また、治療が簡単で治療費も抑えられますよ☺

 

この機会に一度考えて頂けば嬉しいです🐶

 

| - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 11:46 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








TRACKBACK URL
http://matsuurakarat.jugem.jp/trackback/1961
TRACKBACK