歯の表面の着色について

  • 2019.11.14 Thursday
  • 14:45

こんにちは☺

唐津くんちも過ぎ、一気に秋も深まってきましたね🍂

 

今回は、「着色」についてお話したいと思います。

現に、今通院中の患者様で、歯の着色を気にされいる方も少なくないのですが、着色の主な原因としては

.櫂螢侫Д痢璽襪鯊燭含む食品☕🍛

▲織丱海亡泙泙譴討い襯筌🚬

この2つだと言われています。

,亡悗靴討脇常的に摂取されている方は自覚症状もあるとは思いますが、コーヒーは紅茶だけではなく、

緑茶、赤ワイン、カレー、チョコレートも原因となるため、注意が必要です⚠

△砲弔い討呂曚箸鵑匹諒がご存知だとは思いますが、歯の表面だけでなく、歯茎の色素沈着の原因ともなり、歯茎の黒ずみにつながることもあります。

 

着色しても歯磨きすればちゃんと取れるんじゃないの?と思われがちですが、

歯磨き粉の成分だけでは完璧には取ることが出来ません。

単純に歯の表面に汚れがついているのではなく、唾液の中に含まれているたんぱく質(ペリクルといいます)と結びついて

歯の表面に沈着してしまうのが原因だと言われています。

 

それだけではなく、加齢に伴う歯の変色や、神経をとってしまった歯等は歯の表面の色素沈着が原因ではないので

このことについては次回お話しますね🤭

 

歯科医院でのクリーニング(着色取り)では、自宅でのセルフケアでは除去できない着色を除去することが可能です。

毎日のブラッシングで着色を予防し、定期的にメンテナンスを受けることで、歯の白さの維持はもちろん、口腔内の健康維持にも

繋がります。

ご自宅での着色を予防する為に歯磨きの仕方が重要になってきますが、汚れがなかなか落ちないからと、思いっきり力を入れてこすってしまうと、逆効果です⚠

ブラッシング圧が強すぎると歯の表面を傷つけてしまい、さらに汚れが付きやすくなる原因となります。

メンテナンスでは、衛生士よりブラッシング指導も行っていますので、ご自身の歯の磨き方見直す意味でもお気軽にご相談くださいね🙋

スポンサーサイト

  • 2020.03.09 Monday
  • 14:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM