親知らずのトラブルと抜歯の関係

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 14:46

こんにちは☺

11月も今週で終わりですね⛄今年もあと1か月とちょっとです!!

 

今日は誰もが一度は聞いたことがある「親知らず」についてお話します🙋

そもそも、親知らずとは、一番奥に生えてくる永久歯のことをいい、専門用語では「智歯」や「第三大臼歯」と呼ばれています。

生えてくる方もいれば、存在はしているが歯茎から萌出していない方、また、もともとない方もいます。

基本的に親知らずが生えてくるタイミングとしては、10代後半から20代が一般的です。

 

人によっては、親知らずが途中まで生えてこなかったり、横に生えてしまったりと何らかのトラブルが出てくる場合には、歯科医院または、口腔外科等の専門的な機関での抜歯が必要となります。

途中までしか生えてこないことで、親知らず自体が虫歯になる可能性があるのと、手前の歯も清掃性が悪くなり虫歯になることも少なくありません。

 

親知らずが真っすぐ生えず横や斜めに生えることで、歯自体だけではなく、周りの歯肉にも影響が出る場合もあります。

これも、清掃性が悪くなることが原因で、食べかす等のプラークが歯肉の内部にまで入ってしまうことで周囲の歯肉が炎症を起こし、歯肉が腫れたり痛みを生じます。これを「智歯周囲炎」といいます。

症状が強くあり痛みを伴っている場合は麻酔が効きにくいため、炎症が軽減してから後日抜歯を行います。

上顎の抜歯に関しては麻酔が効きやすいため通常はさほど痛みはないのですが、下顎は骨の構造が緻密であるため、麻酔が効きにくいことがあります。

抜歯時の痛みは個人差があり、生え方や抜歯にかかる時間により異なります。

また、抜歯後は麻酔が切れると痛みを生じることのほうが多いです。抜歯後3、4日は痛みが続くことがありますが、痛み止めを服用して痛みをコントロールするようになります。

また、抜歯した後の歯茎を「抜歯窩」と呼びますが、穴が開いた状態になるため、食べかすやプラーク等が入りやすくなることと、

何らかの原因で穴が塞がらずに骨が露出した状態になる「ドライソケット」になると痛みを感じることがあります。

 

抜歯後は以下の注意点を守ってください👇

 

^酒や運動、長時間お風呂に浸かるなど、血行が良くなることは避けてください。

喫煙は、,旅坩戮搬仂氾に血の巡りを悪くしてしまうので避けてください。

H柑後は1、2日抜歯窩から血がにじんでくることがありますが、気になって何度もうがいしてしまうと、抜歯後にできるはずの「血餅(₌血で蓋ができ、抜歯窩の露出を防ぐ役割)」が上手く作られないので、血がにじんできたらティッシュや綿等を噛み、血を必要以上に洗い流さないようにしてください。

 

さらに、下の親知らずに関しては、下顎には「下顎管」という神経が通っており、損傷してしまうと神経の麻痺を引き起すと言われています。抜歯を希望の方には基本的にレントゲン撮影を行い、しっかり診断した上で抜歯を行っていますが、まれに神経に近い角度や向きに生えている親知らずに関しては、レントゲン撮影ののち、歯科用CT撮影(抜歯前提として4000円かかります)を行い、状態を確認していきます。

私たちの医院では下顎管に近いと判断した場合には、唐津赤十字病院の口腔外科の専門機関に紹介状を出し、抜歯を行ってもらっています。

 

「親知らず」も小さいころは生えてきたらようやく大人になったな〜と考えたりしていましたが、実際生えてトラブルが起こるのも

嫌ですよね〜😅

もし気になる方、親知らずの抜歯を考えていらっしゃる方、いつでもご相談ください🙍

歯の着色について(その◆

  • 2019.11.18 Monday
  • 12:02

こんにちは☺

 

前回に引き続き、「歯の着色」についてお話ししていきます🙋

歯の変色には普段日常的に摂取している食品や飲み物が関係していると前回お伝えしましたが、実はそれだけではないんです!

1つ目に、加齢による歯の変色です👆

加齢によりエナメル質(:歯の表面をおおう組織のこと)が薄くなると、その中の象牙質(:そのエナメル質の下にある組織のこと)の色が透けて見えてしまうことがあります。

象牙質はほとんどの方が黄色っぽい色をしているのですが、加齢に伴いさらに色が濃くなっていきます。

このことが原因で象牙質の色が歯の色に影響することによって、歯が黄ばんだように感じてしまうことがあります。

2つ目に、神経のない歯が変色していくことです👆

虫歯を放置して進行させてしまうと、歯の神経にまで達してしまい、ほとんどの場合が、歯の神経を取ってしまわないといけなくなります。歯の神経を取ってしまうと、時間の経過とともに、徐々に黒っぽい灰色がかった色になってきます。

これは歯の神経(₌歯髄)を取り除いてしまうことによって、歯に対して栄養が行き届かなくなるために起こってしまいます。

このように神経を取ってしまった歯を白くする場合も、加齢による変色と同様に、歯の表面ではなく、歯の内側から白くする必要が出てきます。

 

このように歯の変色と一言で言っても様々な原因が考えられます😌

少しでも気になることがあれば、スタッフまたはドクターにご相談ください🙋

歯の表面の着色について

  • 2019.11.14 Thursday
  • 14:45

こんにちは☺

唐津くんちも過ぎ、一気に秋も深まってきましたね🍂

 

今回は、「着色」についてお話したいと思います。

現に、今通院中の患者様で、歯の着色を気にされいる方も少なくないのですが、着色の主な原因としては

.櫂螢侫Д痢璽襪鯊燭含む食品☕🍛

▲織丱海亡泙泙譴討い襯筌🚬

この2つだと言われています。

,亡悗靴討脇常的に摂取されている方は自覚症状もあるとは思いますが、コーヒーは紅茶だけではなく、

緑茶、赤ワイン、カレー、チョコレートも原因となるため、注意が必要です⚠

△砲弔い討呂曚箸鵑匹諒がご存知だとは思いますが、歯の表面だけでなく、歯茎の色素沈着の原因ともなり、歯茎の黒ずみにつながることもあります。

 

着色しても歯磨きすればちゃんと取れるんじゃないの?と思われがちですが、

歯磨き粉の成分だけでは完璧には取ることが出来ません。

単純に歯の表面に汚れがついているのではなく、唾液の中に含まれているたんぱく質(ペリクルといいます)と結びついて

歯の表面に沈着してしまうのが原因だと言われています。

 

それだけではなく、加齢に伴う歯の変色や、神経をとってしまった歯等は歯の表面の色素沈着が原因ではないので

このことについては次回お話しますね🤭

 

歯科医院でのクリーニング(着色取り)では、自宅でのセルフケアでは除去できない着色を除去することが可能です。

毎日のブラッシングで着色を予防し、定期的にメンテナンスを受けることで、歯の白さの維持はもちろん、口腔内の健康維持にも

繋がります。

ご自宅での着色を予防する為に歯磨きの仕方が重要になってきますが、汚れがなかなか落ちないからと、思いっきり力を入れてこすってしまうと、逆効果です⚠

ブラッシング圧が強すぎると歯の表面を傷つけてしまい、さらに汚れが付きやすくなる原因となります。

メンテナンスでは、衛生士よりブラッシング指導も行っていますので、ご自身の歯の磨き方見直す意味でもお気軽にご相談くださいね🙋

酸の影響について

  • 2019.10.28 Monday
  • 12:06

みなさんこんにちは🤗

朝晩はだいぶ肌寒くなってきましたね🤧

早いもので、唐津くんちまであと1週間ですね🤩

 

さて、今日は「酸」が歯に及ぼす影響についてお話したいと思います✎

厳密に言うと「酸蝕(さんしょく)」といい、普段口にする食べ物や飲み物に含まれる酸によって起こるものです。

歯の表面は硬い「エナメル質」で覆われていて、歯の表面のエナメル質に酸が触れると一時的に柔らかくなってしまい、

歯ブラシが触れただけでも表面にダメージを与えてしまいます。

症状が進んでしまうと、歯の表面のエナメル質が無くなってしまうこともあります。

日常生活には酸を含む食品は多くあり、例に挙げると、果物の果汁やフルーツジュース、ドレッシングに含まれるお酢も関係しているんです😖

酸性の食品や飲み物を口にした後は、エナメル質が最もダメージを受けやすい状態となっているため、特に注意が必要です⚠

近年は健康志向になり、お酢をはじめ、フレッシュジュースを日常的に摂取する方も多くいらっしゃると思います。

健康的な食生活を無理に変える必要はありませんが、意識することで、ご自分の歯を長持ちさせることが出来るので、口にした後は

すぐ水を飲んだり、うがいをしたりするよう心掛けが必要かもしれませんね🤔

 

少しでも気になることがあればお気軽にスタッフまでお声掛けください🍁

顎関節症とは

  • 2019.10.21 Monday
  • 13:57

おはようございます🤭

NHKのあさイチという朝の番組で、今日の特集が「顎関節症」でした。

日本顎関節学会によると、顎関節症とは「顎が痛む(顎関節痛)、口が開かない(開口障害)、顎を動かすと音がする(顎関節雑音)のうち一つ以上当てはまり、同じような症状があること」と表記されています。

みなさんはこのような症状が出たことはありますか?

 

厳密には資料を採取してしっかりと診断して治療していくのですが、以前からこうだからと簡単に考えていると、症状が悪化したり

する可能性があるため、放っておくのは危険です!!

 

整形外科なのか口腔外科なのか歯科医院なのか迷われた際は、まずは歯科医院への受診をするように専門家の先生も言われており、

噛み合わせだけでなく、普段の癖や、就寝時の食いしばりが原因の場合もあるため、詳しくはかかりつけの歯科医院にお問い合わせください😆👍

白くなりました!

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 09:16

おはようございます☺

関東、東北地方では台風19号の影響で甚大な被害が出ているようですね🌀

唐津もその影響か週末は強風波浪警報が出ていて、我が家も急に雨戸を閉めて対策しました。

自然現象には逆らえませんが、普段からの訓練や避難経路など、今一度家族で話し合う機会を持ちたいものです😌

 

先月から我が医院は外壁の塗り替え工事が始まっており、従来のピンク色から白に塗り替えられました!!

工事に伴い、患者様には様々ご不便をおかけしました😖🙏

今後周辺の草木も変えていく予定です🌲🌳

新しく塗り替えられた病院を是非見に来てくださいね🤭

お子様の虫歯予防について

  • 2019.10.07 Monday
  • 10:22

こんにちは☺

10月に入り秋の空気がしてきましたね🍂

 

さて今日はお子様の虫歯予防と題して、ご家庭でのケアについて少しお話しようと思います。

みなさんはご家庭でどのようにお子様に教えていらっしゃいますか🧐?

仕上げ磨きはされていますか🧐?

乳歯で一番虫歯になりやすいのは歯と歯の間なんです。

仕上げ磨きの際にも奥歯や表面の見えやすい汚れは気づきやすいのですが、歯と歯の間はなかなか磨き残しに気づかず、

虫歯になってしまうお子様も多くいます。

子どもに限らずですが、歯ブラシと併用して、糸ようじ(デンタルフロス)をお使い頂くよう指導しています。

既に使用されている方も多くいらっしゃるとは思いますが、慣れるまで難しかったり面倒だったりしますよね。

子どもは尚更そう感じるはずなので、慣れるまでは保護者の方が仕上げ磨きの際にフロスを使用して頂き、

成長過程において、自分自身で使用できるようにご家庭でも指導して頂けるとなおいいと思います👍

 

乳歯を大切にすることが大人になってからの健康な口腔内にも繋がってきますので、是非実践してみてくださいね👩👍

明日から

  • 2019.09.30 Monday
  • 10:14

いよいよ消費税が8%から10%に増税されますね😿

増税前にいろいろまとめ買いされた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

食料品等は「軽減税率」で一部8%のまま据え置くものもあるみたいですね☺

何にしても、慣れるまでは時間がかかりそうですね💦

 

さて、歯科医療でも10月より厚生労働省より診療報酬改定があり、点数が見直されることになっています。

みなさんの治療費には何十円、何百円ほどか変化してくると思いますのでご容赦ください🌼

 

明日からいよいよ10月☺

だんだん秋の気配が近づき、気温の変化してくると思いますので、風邪等体調管理には気をつけて下さいね🤧

歯科技工士記念日

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 10:58

こんにちは☺

週末は🌀が接近し、唐津も暴風波浪警報が出て、強風で一日家に閉じこもってました😢

お住まいの地域に被害はなかったでしょうか?

今日からお天気☀に数日は続きそうですが、今週末はまた下り坂になるみたいですね😢

 

さて、タイトルにもあげているとおり、今日は公益社団法人日本歯科技工士会が制定している「歯科技工士記念日」

だそうです🤩

当院にも2名の歯科技工士が在籍しておりますが、今回は”歯科技工士”にクローズアップしてみたい思います✋

 

歯科技工士になるには、歯科技工士教育機関に入学したのち、2年以上学んで必要な知識と技能を習得すると、歯科技工士国家試験の受験資格が得られ、合格した者が国家資格として活躍されています。

人の口腔内に入るものを作成するわけですので、知識も技術の精確であることが求められ、当院の技工士も、定期的に勉強会や講演会に参加し、技術の向上に努めています。

なかなか診療中は直接目にする機会は少ないと思いますが、被せ物の型取りをする際に形をチェックして頂いたり、セラミック等の色味を口腔内の歯の色になるべく近い色にする為にチェックして頂いたり、患者さんには直接的には関わることはないですが、歯科診療においてなくてはならない役割を担っています。

 

口腔内にセラミックはもちろん、入れ歯や金属の詰め物、被せ物が入っている方!

歯磨きの際などに改めて形等を見てみてください👍そこには歯科技工士の力が集結したものなのです👍

普段の診療の際して少しでも考えて頂ける機会があれば幸いです🌼

よく聞く“根っこの治療”とは何をしているのか

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 15:20

みなさんこんにちは☺

今日は治療中によく聞かれる“根っこの治療”についてお話したいと思います。

 

歯には神経があって、根っこ=神経の治療(根管治療といいます)と考えてもらうと分かりやすいと思います。

虫歯が進行すると神経まで到達してしまうことがあります。ここまで進行してしまうと神経を取ってしまわないと

痛みの症状を改善することが出来なくなります😿

また、神経が死んで時間が経過すると症状が出なくなることもあるほか、

歯茎に症状が出ることもあり、歯茎が腫れて膿が出たりする際も根管治療が必要となってきます。

根管治療というものは虫歯の細菌によって侵された歯の根の中を細い針金のような器具をつかい、細菌をこすり落として

根っこの中を消毒し、薬で満たしていく治療方法になります。

なので根管治療が始まると1回では到底終わりません😨

歯の部位によっては根っこの本数も違えば、患者さんによって根の長さ、根の曲がり方、感染具合も異なるため、数回に分けて処置を

していく必要があるのです。

また、一度根管治療が終わっている場合でも最近が根管内に残っていたりすると再度治療が必要になる場合もあります。

根っこの状態によっては処置中に痛みが出る方や時間がかかったりして何をされているのか、まだ終わらないのか、などと思われるかと思いますが、根管治療が歯の寿命に大きく影響していることは間違いないので、ご理解頂くようお願いします。

 

治療に対する様々な疑問、不安な点など先生には聞きにくい😣という方は担当したスタッフにお気軽にお声かけ下さい☺

 

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM